水宅配会社の水が臭う?その原因と対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

水って「臭う」ことそんなないですが、稀に腐ってるの?なんか変かも?と感じる人が多い様なので水が腐る理由等を。

※腐るという表現は実は間違いで細かく言うと水自体はくさってくおらずその状態の水をRO膜などにまたかければ飲み水として飲むことができるようになる。だから水自体は腐らないという表現をする人がいると思うんですが、腐るって考えての扱いの方がわかりやすいのでここでは腐る、痛むという表現を使いますね。

水の中に含まれる不純物を細菌が餌とし分解されることで水から臭いや色の変化がおこり私たちからすると「水が腐った」という状態になる。

だからRO水で不純物を99.9%取り除いた状態のものは長持ちするという話になってきますね。ただ、品質管理されたウォーターサーバーの水は未開封であればRO水でも天然水でも6ヶ月くらいを賞味期限としているメーカーがほとんどですので、そこを比較して選ぶかどうかは考える必要はなさそうです。

さすがに6ヶ月も未開封でおいとかないでしょ・・・って?いやいや断水や災害時や停電に備蓄水として最適なウォーターサーバはどれ?でも触れているのですが、備蓄水としての活用も人気なので6ヶ月という賞味期限はかなり大きいと思いますよ。

水が痛む原因は直射日光と空気に触れた時(細菌のせい)

ウォーターサーバーに設置する水が痛む理由は直射日光にあたってしまったり空気に触れた時です。真空パックにして配達されるのも、メーカーによってはパック詰めされた水の外側に段ボールで梱包をしているのも水を衛生的に保つために行われている配慮だったりします。

腐る理由は、空気に触れることが主な原因でパック詰めされた状態であれば外気に触れることもなく衛生管理された状態の水が入っているわけですから外部の雑菌が入ることはまずないですよね。でも開封後はコックから空気が入りそこから雑菌が、、、っていう流れで臭いが出たり味がおかしいとなることは昔はよくあったと。

空気が入らないウォーターサーバーは衛生的

今ではエアクリーナーとかノズルの部分から空気が入らない様に水がボトルから減るにつれて真空状態を保つ仕様などが増えています。ウォーターサーバー自体の性能は高くなってきているので電源が入った状態であれば普通に飲み干すまで衛生面は保たれていると考えていいですが、長期的に電気が使えない状態ですと1~2日前後で飲み干さないと水が痛み臭いの原因等になってはくるでしょう。放置してしまったら飲めなくなるところを開封しサーバーに設置した後でも2週間~1ヶ月程度は飲み続けることが出来るのが結構凄い技術だったりしますね。

誰もが1度や2度経験したことがあると思いますがお風呂を1~2日放置してしまい、なんだか臭いがあるなあって時ありません?(そんなに放置するのは珍しいか 笑)

んまでも基本的にはそういうこと。雑菌の生命力はあるいみすごいです。

水道水が腐らないのは「塩素」のおかげ?

放置となるといろんな疑問が浮かんでくると思うのですが、水道水ってマンションや住宅に供給されるまでに一旦、貯水されるタンクとかあるじゃないですか?あそこに普通に1~2日くらいは溜まってしまっているよね?と。

なら腐るんじゃないの?って疑問。これ私も最初思っていたのですが、水道水は「塩素」を入れることにより腐るのを防止しているんですね。0.1ppm以上の濃度を保たなければいけないと水道法で決められているので、水道水には絶対に含有されています。

プールの水とかも細菌を増やさない為に同じ理由で塩素が入っています。

ウォーターサーバーに塩素は入っていません!

水道水を飲まないほうが良い要因として「塩素」がありますよね。塩素試薬を水の中にいれると塩素反応が起こる薬品があるんですが、水道水とウォーターサーバー会社の水を比較すれば一目瞭然です。

塩素が体に悪いとかは言及済ませんがアレルギーだとか持っている方もいると思うので飲み水くらいは徹底的にウォーターサーバーで摂取しないとかはあるなのかな。

塩素で水を痛まないようにするのは簡単な事ですがウォーターサーバーの水は真空パックとサーバー技術で痛まない様にしているので、開封後がサーバーが鮮度を保てる間に飲まなければいけません。

ネット上で○○の水に臭いが・・・という苦情を見かけましたが、直射日光に当ててしまったとか時間的に長期サーバーに設置してしまった、もしくは電源を来てしまった等がありえます。もしくはメーカーからの商品が不良品だったってのも考えられますが最低限の保管の仕方は守らないとせっかくの美味しい水も台無しになってしまうので臭いが出る原因は知っておいていいかなと思い書いてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加