ウォーターサーバーの新規設置・移動・返却時の作業と確認事項

このエントリーをはてなブックマークに追加

不透明な新規申込後の設置作業~解約時や引越し時の手間についてまとめました

ウォーターサーバーの設置は一から自分でやらなければいけない?って質問がありましたが、すべてやってくれる場合と一部自分でやるメーカーに分かれます。
意外と水の説明やサーバー自体の良さをHP上で歌っているところは多いのですが案外大事な申込後のウォーターサーバー設置などをお客さんに任せてしまうところが多いです。

え?マジで?嘘でしょ?

いやいや本当なんですよ。私も最初同じくびっくりしました。

なので申込後、設置をやってくれる水宅配会社を教えます!

自分でやるといってもウォーターサーバー自体郵送で運ばれてきますから後はおきたい場所において水を差して初期設定を行うだけです。説明書を見ながら電源をいれサーバーにボトルを差し込み最初に空気抜きを行うだけなので30分から1時間ほどあれば作業は終わります。

とはいえ、やっぱそういう作業ってメンドクサイ・・・ですよね(笑)

一応、HP上に設置~使い方の説明を専門スタッフさんが行います!と明記してある業者を一覧にしておきます。こういった細かい点もきちんとやってくれる業者の方がアフターサービスや電話サポートがしっかりしているのも事実ですし選ぶ基準にしてしまっても個人的にはOKかなと考えています。

業者名 概要
コスモウォーター あ搬入・設置・梱包資材の回収を委託業者(クロネコヤマトのホームコンビニエンス)が行ってくれる。
卓上型の場合は自分で設置が必要。
クリクラ 申込後、専門スタッフさんが自宅にきてサーバーとボトルの設置、使い方を案内してくれる。
アクアクララ 販売店日程を調整後(希望日)、専門のスタッフが設置にきてくれる。
うるのん 専門スタッフが設置場所まで運びセッティングを行ってくれる。
フレシャス 基本的には自分で行うように呼びかけていますが、交渉次第では代行も可能な模様です。設置動画などが充実しているので自分でチャレンジしても良いかも?

引越前に必ず水宅配業者に連絡を入れないと最悪損害賠償に!?

レンタルで借りているウォーターサーバーですので引越し等で設置場所が変わる時は必ずメーカーに連絡を入れる必要があります。無断で引越しして設置場所を変えるのは基本的に推奨されていません。機械の故障などで料金を請求される可能性も出てきてしまいます。

引越し先でどうせ水頼むからその時に住所変更すればいいでしょ?ってのは実は違うんですよ。電源を切り、タンクにたまった水とお湯を抜くなどしてから後はメーカーの指示に従い自分たちで引越しをするor水宅配業者によっては引っ越し時に、継続でサーバーを使ってくれるなら無料で一旦回収にしにきてくれて、後日新しい、もしくは同じものを引越し先に届けてくれる会社もあります。

電話で問い合わせ後に注意点の説明をしてくれる流れがほとんどで、HP上には明記されていません。これはなぜか?と考えたんですが都度対応の方がメーカーもやりやすいとかなんじゃないですかね。

ただ、引越しって言葉悪いですがお金が動くイベントですしウォーターサーバー会社も他社にお客さんを奪われたくないはずなのでたまに既存顧客に対してキャンペーンを行っていたりします。そういった既存のキャンペーンを活用していくのが良いと思いますね。

解約時の場合も基本的に作業は引越しする時と同様に水抜き等を行う必要があります。間違っても捨てないでくださいね!2年以内は解約手数料がかかる?水宅配業者手数料を徹底比較!でいっているとおり利用した期間によっては解約時に手数料をとられますし、レンタルなので必ず何が合っても返却しなければいけない契約になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加