経費になる?ウォーターサーバーと法人契約のメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

水は命ですから冗談抜きで仕事中もこまめにとることが大切です。リラックスしていない職場環境で成果を上げるまで食事も水分も口にしないなんてブラック企業はさっさと辞めてしまえといいたい。いや、楽しくやりがいがあればいいのでしょうが、お水くらいは好きな時に好きなだけ飲ませてくれる職場で働きたいですね。

お客さんとコミュニケーションを沢山とる仕事なんかですと、喉が渇いて発声が悪くなったりするので水は本当に大事。

経営者の方がウォーターサーバーを会社に導入するメリットはたったの500ml100円以下で社員さんのモチベーション、言い方悪いですが恩を売れるってとこですね(笑)

給与20万だとかの新卒にとってはかなり大きいですからね。1日100円~150円のペットボトルを買わなくて済むのは。あとはドリップコーヒーなんかも用意してあげるとかすれば、モチベーションは実際上がると思います
間接的にお金の節約になる訳ですから、嬉しい特典になることは間違いありません。

法人契約でオフィスに人気ウォーターサーバーをレンタルするポイント

単純に安いウォーターサーバーを選ぶのも良いですが法人契約でお得なプランもあるので法人向けの人気ウォーターサーバーとレンタルするときの選び方のポイントを考えていきます。

  • 「ボリュームも出るから水の単価はやらしいけど大事」
  • 「価格も大事だけど天然水を飲んでほしいんだよね」
  • 「うちはお洒落なオフィスだから景観を崩したくない」

等あると思います。

正直このサイトで紹介しているウォーターサーバー会社ならクオリティは間違いないところばかりですので社員満足度はどこでも上がると思います。でも従業員数が20人30人いる場合はお水の消費量もばかになりませんよね。1日1人500ml飲むと考えて、30人なら15リットル消費する訳ですからね。「水の価格」は結構大事です。導入後すぐの解約は手数料(~1万以内ですが)もとられてしまうので。

一般の事務とか営業職であれば「価格面」で選ぶのが良いかなと。ファッション系とかサーフショップとか美容院とかでお客様に「天然水」を提供するとかの場合は価格以外でもいいかもです。なので法人向けにここがいいのではっていうウォーターサーバー会社をピックアップしてみました。

サーバー代金無料(※省エネサーバーの場合月523円かかります)でお水代が500ml換算で税込56円!コストで選ぶならクリクラがおすすめです。ウォーターサーバー業界でも抜群の知名度と安定感あるサービスを展開しています。お水はRO膜という技術をつかったピュアウォーターで安全においしく飲める軟水になっています。昼食のカップラーメンやカップのお味噌汁も美味しく仕上がるので満足度は56円よりもはるかに高いはず。

うちの社員には天然水を飲んでもらいたいんだよねーという方は天然水を3種類そろえているコスモウォーターから選ぶのがいいかと。価格は500ml換算で天然水の種類によって変わりますが79円~85円(税込)です。それでも100円切りますからね。サーバーレンタル代は勿論無料。女性社員が多い食まであれば重たいサーバーを持ち上げる必要が無い足元から設置できるタイプもあるのでおすすめ。

オフィスの景観を崩したくないならお洒落なインテリアの様なデザインサーバーのデュオが間違いなくおすすめ。フレシャスという水宅配会社から販売されていますが見た目だけじゃなく性能も高く人気の機種です。お水代は天然水で500ml換算81円~82円(税込)です。

経費で落とせる?「社員への福利厚生」「来客の御茶代」

会計上経費っていろんな見解がありますがウォーターサーバーは当然経費になります。
税理士じゃないですがいいきっちゃいました。一応顧問の税理士さんに確認はとってください。

ただ、会社としてお客様と商談の時に来社して水道水で淹れたコーヒーを出す訳にはいかないですし、ミネラルウォーターで淹れたモノを出すのが普通ですよね。社員さんへの福利厚生としてもおとせるようです。

接客業だと来客スペースに気軽に水を飲んでもらうようにウォーターサーバーを設置しておくのはもう当たり前の時代になりましたね。

水一つ飲めないのを理由にお客さんがもう来なくなってしまうってのは大袈裟ですが、ちょっとした気づかいやサービスは必要経費。

個人事業主の場合は状況によるみたいです!

会社として従業員がいる場合は、福利厚生として普通に落ちるのですが、個人事業主の場合は社員いないですからね。。でも、個人事業主だってお客様いますからね。。交際費で計上するのが普通だと思います。これも税理士さんに相談するのがベターですが

ウォーターサーバーが活躍する業種と導入している企業の特徴

具体的にどのような企業が法人契約でウォーターサーバを設置しているのでしょう。

美容院経営などの接客系

美容院や理容院の待合室にウォーターサーバーがあるのはもはや当たり前ですね。接客業でお客さんを待たせる時間が1分でも2分でもある場合は雑誌と一緒にお水くらいは最低でも出したいと考える経営者の方は多いみたいですね。
美容院だと髪を染めている時に出されるコーヒーなんかもミネラルウォーターを使っていれば気づかないうちに満足度は上がっているかもしれません。

ホテルや温泉宿の経営

温泉に行った時に意外と嬉しいのがのぼせた後に脱衣所に置いてあるウォーターサーバー。
私もこないだいった伊豆方面温泉でサウナと温泉を満喫しましたが脱衣所にウォーターサーバーがありました。ごくごくいってしまいます。

こういった一般の方を相手にしている法人の場合は汚い話ですが、契約の代理店になるというのも面白いかもしれません。最初は普通にお客様の為にウォーターサーバーを設置してお水を提供するという方向だけで動いてみて、好評だったら契約のお手伝いをするとかですね。押し売りは嫌われますし、本業に支障が出るでしょうから、ウォーターサーバーの横あたりに「このお水が気になる方はスタッフまでお気軽にどうぞ」とか書いておけばOKかと思います。意外な副収入になるんじゃないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加