バナジウム天然水ウォーターサーバーで美容や生活習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加

美容や生活習慣などでも毎日飲む水で注目されているバナジウム天然水。
富士山の天然水多く含有されているバナジウムを飲みたいという方におすすめのウォーターサーバー会社をご紹介します。

バナジウム天然水を宅配してくれるウォーターサーバー

クドイ説明はグダグダとしても仕方ないので富士のバナジウム天然水が飲めるサーバー会社を!バナジウム配合量が多い順のランキングで紹介したします。

プレミアムウォーターの「富士山」の天然水は「9.1μg/100ml」のバナジウムが配合されているこだわりの非加熱式天然水です。非加熱の製法で自宅まで届けてくれるから富士山の天然水そのままの贅沢なお水を毎日飲むことが出来る数少ないウォーターサーバー。

フレシャスでバナジウム天然水を飲みたいのなら「FRECIOUS富士」を選択してください(他に2種類ありますが)バナジウム一番含まれるのがFRECIOUS富士で、8.5μg/100mlという高い含有量になります。
1,944円/12L

コスモウォーターで飲むことが出来る 「富士の響き」というお水はバナジウム 5.8μg/100mの含有量で美容を意識して1日2リットルくらい飲む方は適度なバナジウムがとれるのでおすすめ。

バナジウムはマグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分の一種で天然水に含まれるものとして注目されています。
バナジウムの含有量が多い天然水としては富士のバサルト層をじっくりとろ過された水に含まれている。富士山の他、奥京都、古都の天然水や日田の天然水からも選べるウォーターサーバー会社です。(バナジウムは富士山の天然水のみ)

糖尿病や生活習慣病の予防にウォーターサーバーがバナジウム天然水が選ばれる?ダイエットしたい方にも人気の水

天然水自体健康的なイメージが強いですがバナジウムが人気なのは現代の生活習慣病に効果があると言われているからです。

糖尿病の方や予備軍のは尿酸値を気にしなければいけませんがその尿酸値を下げると言われています。(弱アルカリ性の天然水がいいとされています)しかし、医学的根拠は実は無いのですがそう言われています。

フラシーボ効果かもしれませんが、飲んだ人は下がったという人も中にはいるのでしょうね。ただ、基本的に糖尿の方は「水」を飲むことはかなり大切な習慣です。水分補給をし利尿することで尿酸値は下がる訳ですから水を飲まないのはいけません。

頻繁に飲むのならバナジウム天然水が普通においしいし継続しやすいという側面もあるのではないでしょうか。

バナジウム天然水はダイエットを行う方にも人気です。これも効果があるの?と問われるとうーんなんともとしか答えようがありませんが、選ばれる理由としては、元々、水(ミネラルウォーター)ダイエットというのがありまして、本格的に行うのであれば、日本の軟水ではなく、フランスなどヨーロッパの硬水がダイエットに向いています。

商品としてはコントレックスというダイエット向けに販売されているペットボトルのお水がダイエッターに人気の水です。硬水は日本人の口に合いませんが、たくさん含まれるメリットとしては、ダイエット中に不足しがちなミネラルを補う事が出来ることでしょう。

ただ、体に慣れていない水ですので、一定期間飲む場合は、腎機能が弱い、健康診断やドックで異常値が出ている方は医師への相談が必須です。

ちなみにコントレックスの硬度は1468mg/リットルの硬水でバナジウムは含まれていません。

上で紹介していたバナジウム入り天然水の硬度は60mg/L以下です。その差が以下にあるかお分かり頂けるかと(笑)目的次第ですけど、本格的に水ダイエットをするならコントレックスで集中的な期間をもうけてやるのが良いかもです。

バナジウム天然水を飲んでバナジウムのおかげで直接的に痩せると言うのは個人的に無いと考えていますが、ウォーターサーバーの水はおいしいですし、気軽に小まめに飲めるという点で今まできちんと取れていなかった水を短期間ではなく生活習慣の一部に取り入れられるという点がダイエット生活に向いていると考えています。(私の見解なので、いやいやバナジウム飲んで痩せたよとかありましたら、ツイッターなどでこのページに声頂ければ反応すると思います。しなかったらごめんなさい)

毒性や副作用は大丈夫なの?

どんなに良いと言われている成分でもとりすぎは逆に体に不具合を生じさせます。バナジウムも同様に過剰摂取は1日200ugです。例えばコスモウォーターのバナジウム配合富士の響きで100ml中5.8ugの含有量なので2リットル飲んでも116ug程度で過剰摂取になること自体難しいです。なぜか危険性を煽り飲まないほうが良いというアンチな意見がでてくるのかは不明ですが普通に飲んでいる分には問題は無いです。

取り過ぎてしまうと下痢、腹痛になるケースがありますが、これはバナジウムに限らず硬度が高いミネラル成分が含まれた水は日本人の体に合わず下痢になるというのは一般的ですね。
2回いいますが、取り過ぎがNGというだけです。日本のバナジウム含有の天然水は全部のミネラル含めて60mg程度の含有量が平均的かと思います。これは水の種類で言うと軟水の部類ですからバナジウム天然水=下痢になるのではなく硬度が高いものを取りすぎるとそうなるという解釈が正しいといえます。

下痢になるというのは一方で便秘解消にも効果的だったりします。適度にバナジウム天然水を飲むことで便秘に効くといわれています。

赤ちゃんに飲ませる粉ミルクや腎臓に疾患がある人は医者に相談を

赤ちゃんにも天然水?ミネラルの摂りすぎには注意が必要!?でも説明していましたが0歳児~1歳児はミネラルを多く含んだ水はさけたほうがいいとされています。目安としては100ml中60mgは最低限でもっと低い水をあげたほうが良いのが一般的な見解です。

また、ほとんどの人が飲んでも大丈夫ですがミネラルが多く含まれる場合極端に腎臓が弱っている腎臓病の方等は医者に相談をされることをお薦めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加