ウォーターサーバーで室内の熱中症対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏が近づいてきた4月中旬ですが「熱中症対策」に何か考えていますか?熱中症とは体内にため込まれた熱を汗で放出することができずため込んでしまいおこる症状。めまいや立ちくらみなどが起こること。ですが、近年の異常気象による猛暑では外でなく室内でも熱中症になる事例が多発しています。

室内での対策は冷房をいれるだとか水分補給をすること等、基本的な事はあたりまえの事ですが、ウォーターサーバー導入で熱中症対策がしやすくなるメリットを書いていきます。

夏場は特に水分補給はこまめにとること!水分摂取量の目安

1日の水分補給は2リットルとよくいわれますが水分補給はダイエットにもなる?水太りをするは迷信?でもいっているとおり、体重の4%を目安にとるのがいいと私は考えています。水分補給は1日の間にこまめにとることが重要で、喉が乾いた時点では補給のタイミングとしては遅いとされます。口に一口含み喉を潤すことを夏場の暑いときには行う事が大事。

疎かになってしまう理由としては、面倒だからが理由ではないでしょうか?例えばオフィスで仕事をしている時など朝コンビニで買ったペットボトルの水を飲みきってしまったから喉が渇いたけど我慢するとか。例えば、家の中でまったりしているけど水を外に会に行くのも面倒。こういうちょっとした面倒が熱中症を引き起こすこともあるのでは。

ウォーターサーバーを会社や家庭に設置していればすぐに水を補給する事が出来る。営業系の企業であれば真夏の外回りから熱がたまった体をヒンヤリした水が喉を潤し体から熱を解放してくれることでしょう。

熱中症は毎年騒がれニュースで倒れたとか、最悪の場合死亡例などもあるわけで意識の問題にもなっていますが、知識の少ない子供達などは水の補給がしずらい環境ですとその環境に依存して熱中症ということにもなりかねないと思います。

ウォーターサーバーから水をそそげる気軽さなら喉が渇いた、汗をかいた時に子供でもすぐにとれるという気軽さが大きいと思ってます。

すぐに補給できるのと、水が切れてしまった・・・って時にあの灼熱の太陽の下の外に水を買いに行かなくて済むだけでも相当楽です。水宅配業者さんお疲れ様です。

清涼飲料水やジュースよりも「水」が熱中症対策にはよい

水分補給の誤解としてあげられるのが夏場のジュース系のペットボトルの飲み物。実はこれらは、つい喉が渇いたことでがぶ飲みをしてしまう傾向があります。
清涼飲料水は糖分が多く、急性糖尿病の原因とも言われ、夏バテの原因となり食欲がなくなるなどの弊害(可能性)があります。

熱中症対策のためには食事もきちんと食べることは大切です。ジュースを全く飲んではいけないという事ではなく飲み過ぎに注意する事が必要という事ですが、ああいったモノは飲んで体にメリットは無いので水重視の生活を心がけることでお金の節約にも健康にもなるのでいいかなと。

水は余計なものが含まれていないですし必要ミネラルが摂取できるのも大きなメリットです。一つかけている点を話すと「塩分」が含まれていないということでしょうか。食事で塩分などを取ると思うので水に入っていなくても問題は無いんですけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加